プリグラム

1. 学術講演会(各冒頭に総合解説招待講演付き)
2. ポスター発表
3. 開会式講演「Celebrating CARS becoming of age(仮題)」
座長:土肥 健純(東京大学教授)、稲邑 清也(関西国際大学教授)
演者:Hans G.Ringertz(カロリンスカ研究所教授)
共催:シーメンス旭メディテック株式会社
4. 教育講演
ペンシルバニア大学教授 Maidment
「分子生物学に基づく医用画像診断の進歩」
慶応義塾大学教授 北島政樹「日本における最小侵襲手術開発」
整形外科学会理事長・独立行政法人国立病院機構相模原病院
院長 越智 隆弘
「外科医が情報科学者・理工学者に求めるもの」
東京農工大学学長 小畑 秀文
「多臓器・多疾病CADシステムの開発‐日本における共同研究プロジェクト‐」
5. 国際シンポジウム
・ 企画:IHE-J 「IHE-の現状と将来展望」(仮題)
6. 特別セッション、ワークショップ
診断医と企業との真剣討論
「フラットパネル表示の画質問題‐何処まで必要で何処までが限界か。コスト/パフォーマンスと最適選択‐」(西谷弘、Roehrig)
「外科手術室の画像表示環境の整備‐外科学PACS‐」
(Lemke、Ratib)
遠隔画像診断
「日本と欧米の差は縮められるか? 遠隔画像診断と医用画像の外部長期保存との一挙解決可能か?」(高橋睦正、Mun)
7.
共催セミナー(スペシャルレクチャー・ランチョンセミナー・イブニングセミナー)
6月30日(金)
スペシャルレクチャー「Image Guided Therapy」
座長:中村 仁信 先生(大阪大学)
演者:Ron Kikinis 先生(ハーバード大学)
共催:GE横河メディカルシステム株式会社
6月28日(水)
ランチョンセミナー1「Advanced 3D MR Imaging at 3 Tesla」
座長:杉村 和朗 先生(神戸大学)
演者:長縄 慎二 先生(名古屋大学)
共催:日本シェーリング株式会社
ランチョンセミナー2「Science behind Simplicity」
座長:佐久間 肇 先生(三重大学)
演者1:Marcel Breeuwer 先生(フィリップスメディカルシステムズ)
演者2:Pieter Van Warmerdam 先生(フィリップスメディカルシステムズ)
共催:フィリップスエレクトロニクスジャパン メディカルシステムズ
6月30日(金)
ランチョンセミナー3「Digital breast tomosynthesis in the early
detection and diagnosis of the breast cancer」
座長:辻 久男 先生(島津製作所)
演者:Mari Varjonen 先生(Planmed Oy)
共催:株式会社島津製作所
ランチョンセミナー4
Theme:

Clinical and Technical Forefronts of PET and Multimodality Applications
座長:遠藤 啓吾 先生(群馬大学)
演者1: Ronald Nutt 先生(Advanced Biomarker Technologies, Inc.)
「Integrated PET/CT and PET/MR」
演者2: 山門 享一郎 先生(三重大学)
「PET-CT: Clinical Utility of PET-CT in Pulmonary
Radiofrequency Ablation」
共催:東芝メディカルシステムズ株式会社
6月29日(木)
イブニングセミナー1 「Improved diagnosis in chest MSCT with Lung
Care」
座長:上甲 剛 先生(大阪大学)
演者:Marco Das 先生(RWTH Aachen University Hospital)
共催:シーメンス旭メディテック株式会社
イブニングセミナー2「Application of MDCT」
座長:澤田 敏 先生(関西医科大学)
演者:村上 卓道 先生(近畿大学)
共催:第一製薬株式会社
イブニングセミナー3「Computer-Aided Navigation Surgery」
座長:中村 仁信 先生(大阪大学)
演者:橋爪 誠 先生(九州大学)
共催:株式会社AZE
8. 技術展示
9. 有料セミナー「バーチュアル・リアリティ」(Robb)
CAR(コンピュータ支援放射線医学)一般講演
@


画像診断装置・システム:


CT、MRI、超音波、SPECT、PET、DR、CR、分子イメージング、仮想内視鏡、コンピュータ支援心臓・循環器画像
A

PACS:

画像処理・表示、ワークステーション、PACS/RIS/HIS統合、ワークフロー、データフロー
B テレラジオロジー、テレメディスン、在宅医療
C 放射線治療
D セキュリティ、法規、倫理、経済、管理、教育
E IHE、電子カルテ、健康管理インフラ

ISCAS(国際コンピュータ外科学)一般講演
@

神経外科学、整形外科学、形成/再生外科学、頭頸部、耳鼻咽喉、
心臓・循環器、胸腹部、胎児外科学
A
イメージガイデッド治療
B 外科手術ロボット
C

手術ナビゲーション、3次元モデリング、高速プロトタイピング、教育・訓練
D 術後評価
E 触覚学、多モード装置

CAD(コンピュータ支援診断)一般講演
@
乳房、胸部、結腸・大腸、骨格、肝臓、脳、血管イメージング
A
癌検診、鑑別診断
B 画像データベース、画像情報の定量的解析、3次元画像表示
C

コンピュータ支援病巣検出、インテリジェントワークステーション、決定支援システム
D ROC解析、画像認知、画質評価

CMI(コンピュータ支援顎顔面イメージング)一般講演
@

新しいイメージング装置とその応用、ディジタルイメージング、コンピュータ支援診断
A


頭部・顎顔面の画像誘導による手術、画像ナビゲーションによるインプラント歯科学、歯科矯正学への画像処理応用、顎顔面歯科補綴学への画像処理・モデリング応用
B

コーンビームCT、3次元・4次元イメージング、多次元顎顔面モデリング
C バーチュアルリアリティと歯科ロボティクス
D 情報相互利用、顎顔面でのIHE

外科学PACSのための第5回CARS/SPIEジョイントワークショップ
@外科手術ワークフロー
A外科学におけるDICOM、IHE
B手術室の将来

ポスター展示(CAR、ISCAS、CAD、CMI、特別ポスター展示)
※詳細はCARSのホームページ(http://www.cars-int.de/)をご覧下さい。